NA TTLコンバーターII SonyFE

#21420  ¥69,800(税込¥76,780)

カメラのTTL信号をホットシュー経由で外部ストロボに伝達、Sonyフルサイズα7(α7II以降、α7Cは除く)/α9シリーズでTTL調光が可能となります。

対応ノーティカムハウジング
A7IV/A7SIII/α1/α2020/A9/A7RVI/A7RIII/A7II
 
対応ストロボ
INON:Z330/S2000
SEA&SEA:YS-D3MKII、YS-D3/YS-01 SOLIS/YS-03 SOLIS
 
対応光ファイバーケーブル(検証済)
Nauticam NA ユニバーサルオプティカルファイバー
Nauticam NA ユニバーサルオプティカルファイバーL
Fisheye FIX マルチコアオプティカルケーブルSFisheye FIX マルチコアオプティカルケーブルL
SEA&SEA 光ファイバーケーブルII S/2コネクター
SEA&SEA 光ファイバーケーブルII M/2コネクター
SEA&SEA 光ファイバーケーブルII L/2コネクター

※NAデュアルオプティカルケーブルINONおよびNAデュアルオプティカルケーブルS&Sは本システムのTTL調光に対応していません。

 TTL調光について
・ TTL 調光は、ご使用の機材 ( ストロボ、レンズなど )、撮影条件 ( 撮影距離、絞り、感度、被写体など )によって露出差が生じる場合があります。まずは、カメラとレンズのセッティングを ISO 感度100 ~ 200、絞り値 F4 ~ 16 に設定しお試しください。撮影結果により、感度や絞り値を調整してください。
・TTL調光補正は外部ストロボ側で実施してください。
・マニュアル調光、多灯ストロボ制御については、外部ストロボの取扱説明書をご参照ください。
・2灯の外部ストロボを使用する場合は、ひとつのコネクターにシングルタイプの光ファイバーをそれぞれ接続してください。

ストロボ切替スイッチの設定


使用ストロボによって、以下のとおりロータリースイッチを切り替えます。
切り替えには精密マイナスドライバーが必要です。
 

  • 0 - マニュアル発光(プリ発光OFF)
  • 1 - YS-D3MKII
  • 2 -  YS-D3
  • 3 - YS-01 SOLIS
  • 4 - YS-03 SOLIS
  • 5 - S-2000
  • 6 - Z-330
  • 7 - 未設定
  • 8 - 未設定
  • 9 - 未設定

電池残量通知(電池残量 LED)


カメラの電源 ON /待機状態からの起動時に、電池残量 LED が 10 秒間点滅し通知します。
緑(電池残量充分)/オレンジ(電池残量少ない)/赤(電池交換が必要 )  

仕様


バッテリー CR2032リチウム電池×2
発光 TTLオート、マニュアル
連続使用時間 150時間

※取り付けはハウジングのお預かり作業となります。工賃¥3,500(税込¥3,850)
※ハウジングはご購入店経由で弊社へお送りください。経由できない場合は、弊社カスタマーサービスへお問合せください
※往復の送料は、お客様ご負担となります

同時購入特典


対応ハウジングと同時にご注文いただくと、¥5,000引きの特別価格にて提供いたします。また、取付工賃も無料になります。